完璧主義をやめるためのたった一つの考え方

読者の皆様、お世話になっております。

突然ですが、私は物心ついた頃から完璧主義でした。そして未だに完璧主義から抜け出せていません。今回、この記事でご提示する方法で抜け出すつもりでいます。あなたも完璧主義であれば、抜け出せるかどうかはさておき一緒に頑張りましょう。

さて、そもそも完璧主義から抜け出したい理由なのですが、

「完璧主義は完璧ではない」

これが最大の理由です。完璧主義は完璧を望むゆえに、完璧ではなくなる。これが俗に言う「完璧主義のジレンマ」です。(今作りました)

この、完璧主義のジレンマを解消する方法を考えました。一言でいうと「完璧の細分化」です。(これも今作りました)

完璧の細分化とは、そのまま自分が描いている理想の完璧を細かく区切っていくことです。

細かく区切っていくことによって、自分の中で壮大になりすぎた完璧が、実現可能なレベルの中間ゴールになっていきます。

これらの中間ゴールを堅実に、ひとつずつ完璧な状態でクリアしていくと、最終的にはすべてが完璧になる。という作戦です。以上です。

余談ですが、完璧主義な人にありがちなのは、ビジョンをしっかり持ち、理想が高く、何事も求めがちなことです。

求めすぎてハードルが高くなり、超えられないと、へこみます。そしてモチベーションが保てないで、さらに完璧から遠のきます。

今回の方法では、細かくクリアして、むしろモチベーションを少しずつ高めて、悦に浸りながら、すべて完璧を目指すというものです。

ちなみにさらに余談ですが、完璧主義は、というか少なからず私は、完璧主義といいつつも、特定のジャンルに極端にこだわりますが、それ以外のジャンルには無頓着だったりします。完璧主義からは以上です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です