「私立スマホ中学」って何?KAT-TUN,フィッシャーズ等が教師?!【2018年3月開校】

私立スマホ中学

2018年3月頃から「電車の中の広告」や「Youtube」等で『私立スマホ中学』というものを目にするようになった。スマホ中学って何?芸能人がでてるの?あの有名youtuberが先生?など多くの疑問が頭の中を駆け回る。

結論から言ってしまえば、物凄くためになる!高品質なオモシロ授業が無料動画として見放題なのが、本サービス『私立スマホ中学』だ!

『私立スマホ中学』とは何か?

私立スマホ中学は、ソフトバンク発のスマホの中の中学校だ。

『勉強より面白いことはない。』というキャッチーな言葉とともに、有名芸能人・お笑い芸人・アーティスト・アイドル・モデル・経営者・Youtuberなどなどが、『学校では教えてくれない、人生に役立つこと』を各分野の第一線で活躍する先生たちが教えてくれるサービスである。

すべての授業が、とても為になる!以下が現在公開されている代表的な授業だ。

  • 【HR】教頭:内村光良『夢をかなえる3か条』
  • 【道徳】KAT-TUN『不屈論』~ギリギリでいつも生きてきたから~
  • 【社会】藤田ニコル『キャラ論』13歳から始める自己プロデュース
  • 【体育】フィッシャーズ『新スポーツ”○○○”爆誕!』
  • 【保健体育】叶姉妹『愛と自分と未来』
  • 【技術】野生爆弾くっきー『ものづくりって楽しい~!』
  • 【理科】はじめしゃちょー『全ては実験から始まる』
  • 【社会】堀江貴文『親より10倍稼ぐ方法』
  • 【国語】尾崎世界観(クリープハイプ)『少し生きやすくなる公式』
  • 【情報】鈴木敏夫(スタジオジブリ)『才能とは記憶力である』

豪華すぎる教師陣が取り揃えられている。『え?あの人が先生やるの?』『KAT-TUNの不屈論はわらう』等、いろいろツッコミどころ満載だとは思うが、そうじゃない!そうじゃないんだ!見たらわかる!めっちゃくちゃ面白くて為になる!

私立スマホ中学っという名前からは想像できないぐらい『人生で必ずぶち当たる悩み』に対して、人生経験豊富な教師人がバッサリと言い切り、ズバズバ質問に答えてくれる。そんな授業が目の当たりにできる。

私は普通に20代の世間一般で言う”大人”だが、役に立ちすぎて、現在投稿されている動画を3時間ぐらいで一気にほぼ全部見てしまった。

コンセプトは『勉強より面白いことはない。』人生は常に勉強。夢中になれて熱中できて本気になるための考え方と、その楽しさを教えてくれる。

何はともあれ、どんなコンセプトなのか、正直動画をみてもらったほうがはやい。

教頭の内村光良先生にお伝えいただこう。


生徒諸君、勉強をしよう。

義務教育だけが、勉強じゃない。

勉強より面白いことなんて、きっとない!

さぁ、スマホを開いて、新しい世界を見に行こう!

その学びは、人生の宝になる。

私立スマホ中学、開校!

 

ソフトバンクの公式サイトは以下から飛べる!

参考

私立スマホ中学ソフトバンク

Youtubeの公式チャンネルはこちら!

参考

私立スマホ中学チャンネルYoutube

とりあえず見てみようかな~。というあなたに、見て面白かった動画を3本だけご紹介。

私立スマホ中学の動画、どれを見ても面白かった。すべてyoutubeで無料公開されている。

基本的に1つの授業は前編と後編に2本立てだ。

私が見た中で、面白くてためになったなー!という動画を3本だけご紹介する。

 

(1)KAT-TUN:道徳「不屈論 – ギリギリでいつも生きてきたから」

今の中学生はわからないかもしれないので、一応書いておくと、KAT-TUNはもともと6人のグループだったが、本当にいろいろあって今3人になっている。

そんなKAT-TUNが不屈論として道徳を教えてくれる。しかも副題が「ギリギリでいつも生きてきたから」

既にオモシロすぎるが、動画はめちゃくちゃためになるし、途中で中丸くんのヒューマンビートボックスが飛び出す(たしか後編ででる)見る価値あり!


この授業の評価
ためになる度
(4.0)
オモシロさ
(5.0)
ギリギリさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

(2):内村光義:HR「夢をかなえる3か条」

知らなかった。内村さんは、今では超有名なお笑い芸人だが、どうやら小さいころから「映画製作にかかわる仕事」をしたかったらしい。そして『映画監督』になることを決めたのに、なぜ今、お笑い芸人として活躍しているのか。

若いころからの話をオモシロおかしく、わかりやすく教えてくれる。さすが教頭。


この授業の評価
ためになる度
(3.5)
オモシロさ
(5.0)
世の中の世知辛さ
(5.0)
総合評価
(4.0)

(3)藤田ニコル:社会「キャラ論 – 13歳から始める自己プロデュース」

正直、この動画をみたことで、私の中の藤田ニコルのイメージが一変した。

この人、めちゃくちゃしっかり自分のことを考えて、それを貫き通して生きてきている。

「バカキャラ」かもしれないが、本質をついているし、「わがままキャラ」な自分を受け入れて、その上で自分にしかできないことをやろうとしている。けどやっぱアホっぽい。


この授業の評価
ためになる度
(5.0)
オモシロさ
(4.0)
アホっぽさ
(5.0)
総合評価
(4.5)

その他の紹介してない動画もオススメ!

叶姉妹の保健体育はものすごくファビュラスで誠実だった、スタジオジブリの人が語る機会とかそうそうないので、鈴木敏夫さんの話も聞きたいし、堀江貴文氏は今を時めく仮想通貨の話とか、親より稼ぐために何すべきかを語っていたし、フィッシャーズの体育は一緒にやりたいと思った。

 

まとめ:動画を見る中で、実はどの先生にも共通点があるような気がしてきた。

分野も年齢も、本当に多種多様な教師陣だが、共通しているのは「自分」をしっかり持っていて、それを受け入れたうえで、自分でしっかりと考えて今まで生きてきたからこそ、これだけ面白い授業ができるんだなーと思いましたまる。

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です